クラブ紹介

戻る

2018-2019 大里年度
<会長挨拶>
<会長挨拶>
つくば学園ロータリークラブ第33代会長を仰せつかりました。そして平成最後の会長となります。過去の32名の偉大なる歴代会長の名を汚すことなく頑張って参ります。
2018ー19年度RI会長、バリー・ラシン氏の掲げたテーマは「BE THE INSPRATION(インスピレーションになろう)」です。そして高橋賢吾ガバナーの地区スローガンは「ロータリーの心と力を地域社会へ」と掲げられました。
このテーマとスローガンを受けて、今年は
『楽しく活動・そして街のために!』とテーマを掲げ一年間活動を行います。
縁あってつくば学園ロータリークラブに入会したすべての会員が、楽しく例会に出席参加できるようにクラブ運営を目指します。基本は例会参加です。
<楽しく例会出席・参加、そして奉仕活動を通して街のために>
を合言葉に一年間精進させていただきます。
つくば学園ロータリークラブに入会・在籍してよかったと会員が実感できるように、親睦を深め、強固な絆を育み、友情出会いに感謝し、奉仕活動を行います。
また、今年はつくば学園ロータリークラブよりガバナー補佐を8年ぶりに排出させて頂きました。まわりから流石つくば学園ロータリークラブだと言われるようサポートしていきたいを思います。
1年間宜しくお願いいたします。


18ー19 大里年度組織表 (18.07.12 02:53) ― 

小城豊 会長 挨拶
つくば学園ロータリークラブ第32代会長を拝命致しました。微力ではありますが、菅原 俊幹事と二人三脚で一年間、全力で駆け抜けて参ります。
思えばロータリークラブとの出会いは50年ほど前に遡ります。祖父が土浦南RCの会員であり、机の上には「ロータリーの友」「会報」が山積みになっていて、子供ながらにロータリークラブとは?と思っていた頃を思い出します。時を経て私自身がロータリアンとなり、12年が経ち会長職を拝命するとは夢にも思いませんでした。歴代会長が素晴らしい方々ばかりなので、32年間の歴史に傷が付かないよう魂を込め取り組みます。
本年度、32年間の歴史の中最も多い期首83名の会員数で、同時に第2820地区でナンバー4入りを果たしスタートします。歴代会長が会員増強を進めた結果であり、大野直前会長が多くの新入会員を紹介して頂いた賜物と感謝します。若い会員も増えクラブ内は活性化し、会員間の絆も深まり奉仕活動をするには良い状況です。この恵まれた環境での会長職は大変幸運なことです。歴史と伝統を継承し、温故知新の精神で内部充実を図り、時代や地域社会の変化に対応していきます。
本年度のクラブテーマは原点に返る意味から
「ジョイン アンド エンジョイ Rotary 心豊かに生きよう・・」
としました。
ロータリークラブはさまざまな分野で活躍する方と交流ができる最高の異業種交流の場です。会員同士親睦を深め、奉仕活動を通じて感動や夢を共有して心豊かなロータリーライフが送れます。つくば学園ロータリークラブの会員であることに誇りを持てる素晴らしいクラブ運営を目指していきます。
例会・事業全て楽しい一年にします。理事・委員長そして会員の皆様ご協力をお願いいたします。


17-18小城年度組織表

17-18小城年度組織表 (17.08.27 14:00) ― 

16-17大野年度組織表

16-17大野年度組織表 (16.07.05 13:10) ― 

15-16齊藤年度組織表

15-16齊藤年度組織表 (15.07.01 13:16) ― 

14-15飯田年度組織票

14-15飯田年度組織票 (14.08.12 14:49) ― 

1314井田年度組織表

1314井田年度組織表(7/20)PDF版 (13.07.23 17:38) ― 

1213中山年度組織表

1213中山年度組織表 (13.07.23 17:36) ― 

1112下村年度組織表

2011-2012下村年度組織表PDF版(2011/07/07update) (11.07.07 18:14) ― 

1011川崎年度組織表

1011川崎年度組織表 (10.07.15 15:02) ― 1011川崎年度組織表(4/1) PDF版

0910東郷年度組織表

0910東郷年度組織表PDF (09.12.03 09:58) ― 


戻る